接客接遇のポイント/常にその先を想像する

「常にその先を想像すること」は、
接客・接遇では非常に重要です。

接客・接遇の第一線で活躍されている方に
とっては当たり前のことかもしれませんが・・・

スキー場に隣接しているホテル内のショップで

これから家族でスキーを楽しもう!
という直前に、
スキー用のゴーグルを購入しました。

レジ担当のスタッフは
「すぐにお使いになりますか?」と
確認し、値札をハサミで外して、
すぐに使える状態にして渡してくれました。

このようなちょっとした気遣いは
嬉しいものですね。

当たり前の対応なのかもしれませんが、

接客・接遇において、
「その先を想像する」
という事は大切だな~と改めて感じました。

その先を想像することによって、
お客様、患者様、利用者様が
その後スムーズに行動できるなら
そんな素晴らしいことはありませんよね!

しかも、すぐにお使いになる場合は、
包装しなくていいので、
ショップ側にとっては節約にもなるという
利点がありますよね。

「当たり前のこと」だからと、
スタッフひとりひとりの気付きに任せるのではなく

是非、マニュアル化して、
スタッフ全員に周知徹底しましょう。

お客様が喜んでくれるなら、
そんな素敵なことはありませんよね。

お客様のその先の行動を想像し、
「すぐお使いになりますか?」
と一言確認する。これだけでいいのです。

そういえば
雨の日にコンビニなどでカサを買うと、
当たり前のように
「すぐにお使いになりますか?」
と聞いてもらえますよね。

つい先日は、
近所のコンビニで82円切手を1枚だけ購入したときは、
「今、切手貼りますか?」と聞いてくれて、
切手を濡らす道具も出してくれました。
私が手に封筒を持っていたことに気付いてくれたのです。
嬉しかったです♪

「すぐにお使いになりますか?」

この一言で、
お客様・利用者様にとっての
煩わしい手間が省けて、
きっと喜んでもらえますよ!

ぜひ、接客・接遇のお仕事をされている皆さんには、
「その先を想像」してもらえたら
嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です