メールのマナー「件名」について

接客サービスマナー検定取得講座(2級・3級)仕事上、メールでやり取りをするときのマナー。
日頃皆さんはどのようなことに気を付けていますか?

メールにおいて、「件名」は非常に重要です。

件名は、伝えたい内容(メール本文の内容)を簡潔に表現しましょう。

例えば
「打ち合わせ日程のご相談」
「〇月〇日の納品について」
など、具体的かつシンプルに!

メール本文を読む前に、ある程度の内容が想像出来るのがベストです。

なお、届いたメールに返信するときは「件名」は勝手に変えないのがマナーです。

よって、一連のメールのやり取りは、1つの「件名」でおこなうので、
別の用件でメールをする際は、新たな「件名」でメールを送信する必要があります。

「打ち合わせ日程のご相談」という件名でメールをやり取りをしているメールに対して、全く違う内容のメールをするのはNGです!

仕事上、大量のメールが届く人も多くいるでしょう。「件名」を頼りに、さかのぼってメールを探して内容を確認する人もいます。
ひとつの「件名」で、複数の内容についてメールでやり取りをするとメールが探せなくて困ってしまうことにもなりますよね。

相手の立場になって考えて行動することこそが、マナーの本質です。

~悪い件名の例~

NG例1:
「〇〇株式会社の〇〇でございます」
件名で自己紹介する人、結構多いですよね。
これはNGです!

NG例2:
「お世話になっております」
件名で挨拶する人も、結構います。
これもNGです!

メールの「件名」のマナーまとめ
・件名は、用件を簡潔にまとめて表現する
・返信の際は、件名を変えない
・1つの件名で、1つの用件をやりとりする
・新たな用件は、新しい件名で新規でメールする

改めて見直してみましょう。